すみかちゃんの心臓移植のため募金にご協力をお願いします。

すみかちゃんを守る会の趣旨

すみかちゃんの命をつなぎたい

私たち「すみかちゃんを守る会」は、広島県と富山県に住むご両親の友人が中心となり結成されました。活動の目的は、すみかちゃんの心臓移植にかかる費用などにあてるため、募金を広く呼びかけることです。

すみかちゃんは、大阪大学医学部附属病院の医師団の御尽力で、米国の病院での渡航移植の受け入れを目指しています。渡航移植をする場合、日本の医療保険制度は適用されません。そのため、移植手術費、補助人工心臓維持費、渡航費、滞在治療費などが自己負担となります。その額は1億を超えることが予想されています。

治療費について、ご両親は「子どもの治療費は、親である自分たちが支払うべき」だと考えていました。しかし、個人で負担するにはあまりに莫大な金額です。私たちは不足分を皆様からの募金で補うことを提案しました。現在、募金活動に向け準備中ですが、皆様のご厚意におすがりするしかない状況にご理解を頂き、温かいご支援とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

すみかちゃんを守る会代表

久保尚史

新谷耕実

瀧田孝吉

中谷志保